HOME 活動紹介 沿革 年間予定表 活動報告 OB紹介 現役部員紹介 写真館



                                                    幹部紹介はこちら幹部紹介

              

学年 名前 段位 紹介文
4年 三城詩朗 初段 彼は加山 雄三のモノマネがやたらうまい。いつ身に付けたのかわからないがその声の張り、調子は加山 雄三そのものである。いやむしろ本人よりも加山さんらしさを醸し出している。これからもゴッドヴォイスを持つ男から目が離せそうにない
橘俊哉 仮六級 「しまったぁ〜。」を口ぐせとする飲み会の切り込み隊長である彼は自他ともに認める自虐キャラであり、酔うと「オレってダメだ。」とよく口にする。 また飲み会の前に、今日はあまり飲まないなどとよく言うが、部室に泊まった回数が一年の中でトップの彼のその発言はあまり信用されない。しまったぁ〜。
中尾克也 仮四級 彼の別名はポッター。魔法使いだ。ホグワーツを卒業後、己の肉体を使い 戦うことを思い立ち空手と出会う。戦いへと赴くときメガネを外した彼は、H.ポッターとはあまり似ていないかもしれない。
中村高倫 初段

通称ナイス・ライス・セクシー・ワイルド(自称)中村。空手水泳部最高顧問をつとめる彼は、高校時代さわやかだったらしく(本人談) いいことがあると「スゴクイイヨ〜」とにやけながら言います。空手に関 しては常にアグレッシブな彼、昇級審査を欠席した時は、 「あの中村が休むなんて人身事故で死んだに違いない。」 とまで言われたほどです。そんなライス中村が今年の クリスマスプレゼントに頼むものは合コンらしいです。

羽生賢一 五級 善治ではなく賢一だが、羽生名人とは従兄弟の従兄弟という関係にあたるらしい。そのくせ将棋は強くもなく弱くもないという中途半端なツッコミどころは、彼にとってはあるまじき点であろう。得意技であるボケで日々我々を楽しませてくれるナイスガイだが、時として静かになってしまうときがあるらしい。そんなときは要注意、間違いなく彼は怒っている。
平野真 初段

通称プリンス。彼のプリンスぶりはSEIYUでキャベツの千切りパックを買う程。 彼のお城に行くと脱ぎ散らかしたトランクスがお出迎えしてくれます。 マージャン用に用意したとしか思えないそのテーブルの上には、 夏休み前にT(一年)が飲んだワンカップの空き瓶が今(11月)も置きっぱなしに なっています。そんなプリンスの必殺技は包丁を滑らして負傷 した右手でくりだす流血の逆突きです。

米山崇史 初段

ちょっと色黒でタイに行っては「タイ人」とからかわれたりもしたタカフミ・ヨネヤマ。彼の名前は間違ってもタカシと読んではならない。それはA木先輩だけの特権である。彼は合宿中、同室となったH野の悪質なちらかしにも負けることなく部屋に一定の秩序を保ち、ゴキ・カビ族の襲来の危機からH野を守ってくれた心優しき勇者である。当然組手も強い。そんな彼だが意外にも高校時代には漫画研究会に所属していたという経歴をもち、 2005年の新歓ではビラ、ポスター作りに大いに活躍してくれた。

新井みちる 初段 愛人であるカスピ海ヨーグルトに「僕ちゃん、よーく育ってね〜 」と言いながら牛乳を注いでかき混ぜている姿を寮のキッチンでよく見かける。しかしそんなオバサンキャラ(自称)とは裏腹に、池で遊んでいた小学生に、ザリガニとお菓子を交換する約束を破られてヘコむという子供らしい一面も持つ。飼育用発砲スチロールまで手に入 れたのに…!まあそれはいいとして、組手の際のきっちりしたキメは3年女子髄一である。
関根絢 初段 ミルクの代わりにオロ○ミンCで育った元気ハツラツ妹系お嬢様。 「絢ね〜今日さ〜」と日々の出来事を楽しそうに話す彼女は部のムードメーカーだが 本人は一人称を「私」に直そうと必死で、最近ではお弁当作りや「夜10時以降はお菓子食べない ダイエット」など、デキる女を目指し自分磨きに勤しむ毎日である。とはいえ、全授業に出席し(え?)、稽古にも熱心な貴女は十分デキてる女です。本当に。
永田央子 初段
日吉亜沙美 あだ名はひよひよ。彼女は一見ローテンションなミステリアスガール。 携帯メールではいつも新鮮な絵文字を発掘してさりげなく文章におりまぜ、また不思議且つ絶妙なところで改行をおこなう(たまに下に文が続いてるのに気付かなくて読み損ねちゃうけど)。でも!!本当は熱〜いハートの空手ガール!!組み手の時に自分からつっこむ気合いと勇気はぜひ見習いたいです!!おっす!!!
3年 荒井良彰 四級 ニックネームはジャッカル。突きは遅いが、手は早い!!なぜか8×4を右手に「ねえ、ねえ、8×4いる?」の言葉と共に女の子に近づく、世間知らずな純情キャラ。自らのこぶしさえも飲み込む、その口元にはいつも笑みがこぼれるが、瞳の奥は悲しげである。
大岩真理子 アメリカ帰りの流暢な英語と空手の掛け声のかわいらしさとは裏腹に「ビックバン=ベイダー=大岩」の異名をとる。そんな彼女の食欲は想像を絶するものがあり、アナコンダがカピバラを飲み込むように飯を食らう。そんな彼女は何事もアナコンダスケールでなければ満足できないらしい
初段
小林麻紀 四級 眼鏡がキュートなアグレッシブファイター。空手部のインリン小林オブジョイトイとは彼女のことである。あらゆることに対し貪欲な彼女であるが、コミュニケーションはいつも寸止め。
島田一樹 一級 飲み会では年齢、性別、国籍を問わず盛り上げるという必殺技をもつ反面、飲みすぎるとイカに変身する。「真の力を発揮するためには<中略>死を選ぶよりも変身を選ぶ。」らしい。タイでは調子に乗りオカマとは気づかずfall in love☆ 直前で気づき危機一髪。 
高橋智也 二級
成金のジャポネーゼ。夜のバイトで稼いだお金をばらまくのが彼の日課。関西出身とは思えない微妙な関西弁を自在に操るが、日本語を話せない人を憎むという一面を持つ。夢である黒帯を手にするため、今日も「空手バカ一代」を読みつつ精力的に励んでいる。
藤田聖二 初段 タイのトイレを知り尽くした男。その鋭い嗅覚は瞬時にトイレの場所を突き止めることができる。しかし、最近まで洋式を知らなかったため、未だにトイレにはまることもしばしば。また、九州男児らしからぬ酒の弱さと酒癖の悪さにより、酒の席では数々の伝説をつくり続けている。口癖は「君のbodyは黄金比だね☆」
早野真史 初段 通称オレッち。生まれる前から空手を続ける生粋の空手家。空手は強いのだが、酒は弱く、飲み会の席では島田を恐れ、常に遠い間合いを保っている。しかし、彼がいる限り空手部は安泰である。
三宅元 初段 空手部随一のナイスガイ。その笑顔の裏には日本人の常識を覆す...<省略>。彼のことをよく知りたい人は空手部に入りましょう。
村田典子 五級
森永啓 初段 クリのことかあ〜!!! いや、森永のことである。ウニとドリアンに関して右に出るものはまずいないであろう。おいしい物を食べた時の彼の笑顔は周りの人の心でも幸せにする不思議な力がある。皆がウニであると言うものでも彼はドリアンであると主張しつづける。また、彼は反則負けが多い。ドリアンのせいだ...。
2年 李宗R 七級 イジョンヒョン、通称ジョニー。空手部の波に乗り切れていない彼は、湘南に出没するのでもなければ、アメリカ人でもない。最近の悩みは日本のキムチが甘いあまりに祖国が恋しくなり、ホームシック気味であることだ。
「ジョニー、どこ行くの?」「ちょっと便ジョニー。」
郭亮 無級 洛陽出身の彼は、みんなの優しいお兄さん的存在。しかしいざ空手となると熱いソウルを見せ、気合に満ち溢れている。空手を極めた暁には、中国に持ち帰って少林サッカーならぬ空手サッカーを創始するらしい。「ワタシはおじさんだから・・・」を連発する彼の悩みは筋肉痛が二日後に来ることである。
鈴木達也 七級 剣道に続き空手道の道に足を踏み入れた。組手の際にも剣道っぽい動きがちらほら。しかし、寡黙なイメージの「道」を極めようという彼の正体は、ひとたび部活が終わると、寡黙とは正反対のハイテンション男である。酒の席で人に絡んでいる姿はどう見ても酔っているが、素面だと言われれば納得してしまう。そんな彼はすでに「麻雀道」を極めているとか
玉木淳 六級 「髪は美学」彼の名言である。さえない高校時代(本人談)を経て、大学デビューを狙い美容院で言った彼の言葉は「過去の自分を捨てたいんです」無事イメチェンに成功した彼の髪は常にきっちりセットされている。髪にはこだわりまくりの彼も、洋服に関してはユニクロ中心と、こだわりはそれほどでもないようだ。オシャレさんなんだかそうでないんだか・・・
千種ゆり子 仮四級 同学年のN(♂)をつぶそうと酒を強要する悪の枢軸たちを食い止める最後の砦。しかし2年上の先輩(♂)に足が短いと指摘されるというくらい過去を持つ。また、お金への執着心は人一倍で、深夜買占めは日常茶飯事。彼女に家計を任せれば安心である。普段からポイント集めにも熱心なので、組手の際にも抜け目なくポイントを稼いでくれることだろう。
錦織正明 四級 彼のあだ名はゴリ。しかし赤木キャプテンというよりは小暮副キャプテンの雰囲気に近い。そして空手道部最強だとか(ゲームで)多くのジャンルのゲームで人の一歩先を行くが、そのアグレッシブさは空手でも遺憾なく発揮されている。しかも勉強も頑張るゴリ勉・・・じゃなくてガリ勉です。
畑野太郎 四級 いつもは飄々としている物静かな青年であるが、実は芸人。素面の状態であっても面白いネタを繰り出す。逆に酔うと犬になってしまいネタどころではない。同学年と話している時も突然敬語を使い始める腰の低い彼だが、学年唯一の空手経験者として部を引っ張っていってくれることだろう。くれるよね・・・?

*紹介文は他己紹介です



HOME