ホーム サイトマップ お問い合わせ

【社団法人 如水会平成卒業生の会 会則】


第 1 条 (名称)
当会は、「社団法人如水会 平成卒業生の会」という。

第 2 条 (事務局)
当会の事務局は、如水会組織強化委員会のもとにおく。

第 3 条 (対象・目的)
当会は、主に平成年度に卒業した会員のための会とし、一橋大学ならびに社団法人如水会の目的を達成するために、会員相互の親睦、知識の増進を図ることを目的とする。

第 4 条 (事業)
当会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 夏季・冬季年2回の『平成卒業生の集い』の企画・実施
(2) 小規模の講演会、談話会、その他の集いの企画・実施
(3) 前各号のほか、目的を達成するために必要な事項

第 5 条 (幹事)
当会は、若干名の幹事をおく。新規の幹事の就任、辞任は幹事会の承認を要するものとし、新規の幹事は、原則として、毎年3月及び9月の幹事会にて、下記の要件を満たす会員の中から幹事の推薦及び幹事会の承認を経て就任するものとする。
(1) 平成年度に卒業した若手如水会会員(如水会カードを保有する会員)であること
(2) 毎月の幹事会に出席が可能で、継続して会の活動に責任をもって関与出来ること
(3) 企画スタッフとして、当会の集いの企画・運営に参画したことがあること
なお、当初の幹事は、別途定めるものとする。

第 6 条 (集いの企画・運営)
第4条の事業の計画及び各集いの実施は、幹事会にて決定され、各集いの企画・運営は、各集い毎に構成される「企画チーム」が行う。なお、企画チームは幹事及びその他自主的に活動参画を希望する「企画スタッフ」により構成され、各企画チームの責任者は、幹事会が指名する幹事が務める。

第 7 条 (役員)
当会には、次の役員をおくものとする。役員は、幹事の互選により定め、任期は1年とする。ただし、再選を妨げない。
  (1) 会長 1名 (会を代表し、会務を統括する)
  (2) 副会長 1名 (会長を補佐し、会務を統括する)
  (3) 幹事長1名 (会の事務局として、名簿管理、各種連絡等を行う)
  (4) 会計 1名 (会の会計を管理し、処理する)
補欠による役員の任期は、前任者の残存期間とする。

第8条 (如水会組織強化委員会への報告)
幹事および及び企画スタッフの氏名、住所及び連絡先は、如水会組織強化委員会に報告しなければならない。また、幹事及び「企画スタッフ」は、氏名、住所及び連絡先に異動があった際は、会長に報告し、会長はそれを同時に如水会組織強化委員会に報告するものとする。その際、異動転勤等によって活動が困難になる場合には、すみやかに担当業務の引き継ぎを行う。

第9条 (個人情報の管理)
当会の活動を通じて収集された個人情報の取扱については、如水会が定める個人情報取扱に係わるルールに準じた運用を行うものとする。

第10条 (書類)
当会事務局に備える書類は、次のとおりとする。
  (1) 会則
  (2) 幹事名簿、企画スタッフ名簿(住所、勤務先、卒業年次、e-mailアドレスを記載)
  (3) 会会計帳簿
  (4) 会記録
  (5) 各集いの参加者リスト

第11条 (費用)
当会の運営に必要な費用を、以下によってまかない、ローコスト運営を旨とする。
  (1) 組織強化委員会の年次予算補助 
  (2) 協賛広告募集による企業からの広告掲載料
また、集いごとに、参加者から参加費を徴収することにより、集いの運営費用に充てることが出来るものとする。

第12条 (幹事会)
幹事会は、原則毎月第3水曜日に、如水会館にて開催し、以下の事項についての協議及び決定・承認を行う。なお、決定・承認に際しては、出席幹事(委任状提出幹事を含む)の過半数の賛成を要するものとする。
  (1) 事業の計画と集いの実施
  (2) 幹事の就任及び辞任
  (3) 役員
  (4) 会計
  (5) その他重要な事項

第13条 (会計年度)
当会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。

第14条 (収支決算)
当会の収支決算は、幹事会で会長が報告し、その承認を受ける。

第15条 (会則の変更)
当会則の変更は、幹事会の承認を経て行い、変更内容を如水会組織強化委員会に報告する。


付 則 当規則に規定のない事項に関しては、如水会定款ならびに諸規定に準ずる。


2005年(平成17年)4月1日